神社で挙式を執り行う
神社で挙式を執り行う

日本の古来の伝統と格式あふれる結婚式、「神社挙式」。
神社挙式に憧れを持つ人も多いと思います。

日本の結婚式らしい、厳粛な雰囲気に満ちていることが特徴で、和婚の中でも特に人気のスタイルです。
元々親族のみでおこなわれるのが多い形式ですが、最近では席の数を増やして親しい友人にも参列してもらえるように工夫している式場も増えてきています。

神前式には出席したことが無い、なので流れが
わからない、という方も多いので一般的な流れを記載します。
1.修跋の儀 (しゅうばつのぎ)
・神職が御祓詞(はらえことば)を唱えながら、新郎新婦、参列者の身を浄めるためのお祓いをします。

2.斎主一拝 (さいしゅいっぱい)
神職が神棚に向かって一拝、それに合わせて一拝します。

3.祝詞奏上(のりとそうじょう)
神職が神に結婚の報告と結婚を祝う祝詞を読み上げます

4.三三九度
三つの盃を三回ずつ飲むので、三三九度と言われます。
新郎新婦の前に、巫女が大中小の3つの盃とお神酒を持って来ます。
お酒は次の順に飲みます。

1)小の盃(一献め)を新郎が受け、まず飲み、新婦に渡し、新婦が飲みます。
2)中の盃(ニ献め)は新婦が受け、まず飲み、新郎に渡し、新郎が飲みます。
3)大の盃(三献め)は新郎が受け、まず飲み、新婦に渡し、新婦が飲みます。

5.誓詞奏上 (せいしそうじょう)
新郎新婦が神前に進み出て一礼し、新郎が誓いの詞を読み上げます。読み終わったところで、新郎が名前を述べ、新婦が自分の名前を述べます。

6.指輪交換の儀
本来の神事には無い儀式が、昨今の神前式では儀式の中で執り行われる場合があります。

7.玉串奉奠 (たまぐしほうてん)
神式の儀式において、神前に玉串を捧げる、謹んで供えることを言います。

・新郎新婦は巫女から玉串を受け取り神前に進みます
・媒酌人、親族代表(または親族一同)の順で玉串をお供えします

8.親族盃の儀 (しんぞくはいのぎ)
両家の親族の固めの盃を交わします
全員にお神酒が注がれたら、一同起立をしてお酒を飲み干します。
三三九度と同じ手順で飲みます。

9.斎主あいさつ
神職が神棚に向かって一拝をします。て全員で一拝します
以上が一般的な流れです。

神前式は昨今、ブライダル会社でもプロデュースしているので
一度相談してみてもよいかもしれません。